年甲斐もなく

噂の亀田選手の会見を私も少しだけ見ることが出来ました。
事の是非は別として、彼20歳なんですよね。
今更ながらちょっと驚きです。
私が20歳の頃は、友人に『屋根付いてんの?』と真顔で聞かれた
月13,000円のオンボロアパートで貧乏学生をしていた頃です。
当時の自分を思い出すと、彼がとっても大人に見えます。

今は立派な社会人と言いたいところですが、
同席した金平会長が私の3歳上と知ってさらにびっくり。
少なくとも彼は、リールが壊れてひどく落ち込んだりはしないでしょう(笑)

さて、今日はラブホテルにカーテンの納品です。
40歳間近の大人な私は、勿論ドキドキしたりしません。
利用者と間違われないように、
建物内を移動する際に意味も無く脚立を持って、
『これなら利用者と擦れ違っても、私が工事人だって思うよな』なんて
無言のアピールはしません。
オーナーに、『こういう所の裏側って初めて見るので面白いですね』と言って、
『へえー。じゃあ表側は何度も見たことがあるんだ』と突っ込まれ、
『あ、いえ、それは、そんなに、でも、あの友人とか、みたいな』なんて
思いっきり動揺したりもしません。
工事を始める際に『集中だ、集中!』なんて自分に言い聞かせもしません。
そして、そんな立派な大人のカーテン屋のした仕事がこれです。

傾斜カーテン

ボイルを使って製作した天蓋風間仕切りの傾斜カーテン。
梁下にウインピアのホワイトウッドを天付け。
中央の梁が下がっているのでTOSOのスペーサーを使って若干下げています。
カーテンは表裏が目立たないようマカロニ管を使いたかったのですが、
傾斜カーテンの為諦め、75mmフックにしました。
耳の処理は同様の理由で、折り返しではなくメローロックにしています。

あ、それから…
大人の私は現場の雰囲気に浮き足立って、
上部が傾斜なのに床と垂直にした3ツ山のアップ写真や、
床と平行に出来た裾の写真を撮り忘れたりしません。
お蔭様で追加工事を頂きましたので、
それまでにメンタルを鍛えておきます(笑)

窓際のサイトー について

厚木市のオーダーカーテン専門店+PLAN(プラスプラン)オーナーの斉藤です。単なる生地の組み合わせではない、専門店ならではのプランニングをご提供します。ブログでは、そんな私とスタッフの日々の仕事ぶりを綴っています。
カテゴリー: 取付工事, 縫製, 間仕切り タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です