有朋自遠方来 不亦楽

私がこの業界に入って12年程になります。
入った当時は、『オーダーカーテン○○%OFF』 という販売方法が主流でした。
販売側はその数字に意味がないことは分かっていつつも、
ある意味確信犯的に行っていたと思います。
しかし、50%OFFより高い60%OFFがあったり、
定価設定そのものへの不信感が消費者に浸透すると、
『1万円均一カーテン』 ショップが台頭します。
分かりやすい価格と大きくて敷居の低いショップ形態が人気となり、
運営会社のほとんどは全国チェーンとなりました。

さて今は?
住宅着工件数は落ち続けているにもかかわらず、
ニトリさんの勢いは止まりませんし、チェーン店は出店攻勢を続けています。
『○○%OFF』 という販売方法をメインにしている店は、
さらに過激な数字を出してアピールしています。
専門店には苦しい時代と言われていますが、
決してそんなシンプルな話ではないと思います。

お客様にそれだけのメリットを与えられない割引競争から脱却して、
『もっと専門的に』 『もっとお客様に喜ばれる店に』 という流れが
一部の専門店に起きています。
元々専門店にはそういった意志を持つ方が多いのですが、
今起きているその流れは、目指すレベルが違うのです。
ルネッサンスとヌーベルバーグが一緒に来たような感じです。

先日、愛知県の同業者の方とお会いして、
お酒を飲みながら色々な話をする機会がありました。
彼もまた、そんな素晴らしい 『一部の専門店』 を営む1人です。
気が付けば夜中の1時までカーテンの話をしてました。
男2人で(笑)
私もこの素晴らしい流れに乗れるよう頑張られねばと心を新たにしました。
愛知県でカーテンの購入を検討されている方、 いい店知ってますよ~!
*厚木市近郊にお住まいの方も、いい店知ってるので連絡下さい(笑)

窓際のサイトー について

厚木市のオーダーカーテン専門店+PLAN(プラスプラン)オーナーの斉藤です。単なる生地の組み合わせではない、専門店ならではのプランニングをご提供します。ブログでは、そんな私とスタッフの日々の仕事ぶりを綴っています。
カテゴリー: 業界話 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です