思えば近くへ来たもんだ

毎年1・2月は当店にとって重要な時期です。
1つは半期を迎えての売場の見直しです。
この業界はどうしても、
『メーカーの新作発表がサンプル入替えのタイミング』
という受身の形になりがちなので、
半期に一度は 『当店にどんな生地があればもっと魅力的なのか』を
考えることにしています。
必要なものが既存の取引先になければ新しい取引先を探して、
少しでも魅力的な売場になるようにします。
展示方法の変更なども重要な課題です。

もう1つは私の『研修』です。
忙しさも一段落するこの時期に、勉強の為に足を伸ばします。
今年も2日間程、ちょっと遠くへ行って来ます。
見学あり、体験あり、親交ありの、かなり盛りだくさんの内容です。
親交って酒飲むだけだろっ!という突っ込みは受け付けておりません(笑)

さて今日は、日本から遥かに遠いスウェーデンの生地のご紹介。
アルメダールのスパイスポットです。
流行、というより定番化しつつある北欧生地ですが、
その理由はやはり日本のメーカーにはないデザインの良さです。
私自身、同業者様のブログを見てその魅力にハマリ、
売場計画を立てる際に『北欧生地の取扱い開始(必須)』と書いたほどです。

IMG_2467-1_edited
IMG_2456-1_edited

今回は子供部屋でのご採用でしたので価格の都合もあり、
シェードは中心に1巾、両脇に無地を合わせることになったのですが、
悩んだのがその色です。
ポットの色は赤・黄・緑の3色なので、その色の無地を取り寄せてみたのですが、
どれもイマイチ 『これ!』 という感じがなくホトホト困りました。
こんな時は全てのカタログを引っ張り出して 『無地のローラー作戦』 です。
とにかく、合わなそうな色でも質感でも合わせてみます。
そして意外にも『いいかも!』 となったのが、渋めのネイビー色でした。
とは言っても、メインの生地に全く存在していない色なので、
大きめのサンプルを取り寄せて合わせているにもかかわらず、
お客様と3人で悩む悩む(笑)
でも、コーディネートに責任を持つのが私たちの仕事ですから、
最後は自分の感覚を信じてお勧めしました。

取付が終わった時、奥様はご不在でしたが、
ご主人と私で『かわいいですね~!』と声を揃えてしまいました。
これだけご満足頂ける生地なのだから、来年の研修はやっぱり北欧かな。
(無理!無理!しかも似合わない…笑)

 

人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると嬉しいです。

窓際のサイトー について

厚木市のオーダーカーテン専門店+PLAN(プラスプラン)オーナーの斉藤です。単なる生地の組み合わせではない、専門店ならではのプランニングをご提供します。ブログでは、そんな私とスタッフの日々の仕事ぶりを綴っています。
カテゴリー: 北欧, 施工例 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です