世にもあり得ない話

世の中には『あり得ない事』が起きることがあります。
今日ご紹介するS様の現場もその一つ。
友人から、『隣の家が売りに出てるから買っちゃえば』と言われて、
本当に買ってしまった当店のお得意様の現場です。
『今住んでらっしゃる家、どうされるんですか?』
『そのまま住むわよ』
『今度の家はすぐ近くですけど…』
『たま~に友達と会う時に使おうかなって』
あり得ません。

それはさておき、まずは玄関。
深いグリーンのドアに合わせてウイリアム・モリスのジャスミンを。

IMG_2816

リビング・ダイニングも同じ生地です。

IMG_2765

俗的な言葉を使えば『お金持ち』なS様ですが、
モリスの大ファンでご自宅には色違いをご使用頂いています。
さすがに『飽きませんか』とお聞きしたのですが、
『好きだから、飽きないわよ』とのお返事でした。
ご友人にはもっと高価なカーテンをお持ちの方もいらっしゃるようですが、
『私はモリスが好きなんだから、これを掛けたい』とキッパリ。
この辺が私がS様の大好きなところです。
でも何故か縁側にはマナ・トレーディングのパリスを。
上品で女性的な生地ですが、落ち着いたグリーンがしっくりと馴染みます。

IMG_2804

こちらはS様のご要望で、あえて形態安定加工をしませんでした。
今のカーテン業界の常識からすれば『あり得ない』のかもしれませんが、
S様曰く『この生地に関しては、何となく私はそのままの方が好きかな』。
なるほど。あり得るかも。
続き間の和室には木製ブラインドを合わせています。

IMG_2809

最後は洋室。
と言ってもご紹介できないお部屋があと5部屋あるのですが…。
あり得ません。
こちらは川島織物セルコンのフィーロからFF2183(ベージョ)。
フィーロの中で、形態安定加工がかけられない数少ないドレープの一つです。

IMG_2778

高級生地をシンプルに使用した現場のようですが、
生地の魅力そのものを楽しみたいというS様らしいセレクトだと思います。
そして私も小さなところでお力添えを。
和室の木製ブラインドは窓枠内にバランスが納まらない為、
本体を窓枠内側にバランスのみ別体で外側に取り付けました。

BlogPaintBlogPaint

 

 

 

 

 

 

 

L金具を探してホームセンターを廻ること4件、2時間半。
あり得ません。
玄関のレースは裾の刺繍が窓枠より下にきて、
上の刺繍が窓枠より上にくる位置でレールを取り付けました。

IMG_2817

浴室も一工夫。

IMG_2776

浴室は四方のタイルが傾斜しているという、まさにあり得ない状況。
ニチベイさんのなら踏ん張るかな?とも思いましたが、
使用している内に落下する可能性はあり得るので、
傾斜窓用のアングルブラケットを使って目地にビス止めしました。

ちなみに最近私が言われた『あり得ない』は、昨年末の高校バスケ部の集まりです。
同級生の女子バスケ部のキャプテンに、
『サイトー君、私と歯医者の待合室で偶然一緒だったの覚えてる?』
と言うので何かと思ったら、
『あの時さ、チョコパンをムシャムシャ食べてたでょ』と言うのです。
それがどうしたのかと思ったら、
『普通、これから歯の治療をする人が待合室でチョコパン食べないでしょ。
しかも、歯を磨かないでそのまま診療室入ったのよ。あり得ない!』。
いや、まあ確かにそうなんだけど、
久しぶりに会って聞かされる思い出話がその話? あり得ない(笑)

 

人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると嬉しいです。

窓際のサイトー について

厚木市のオーダーカーテン専門店+PLAN(プラスプラン)オーナーの斉藤です。単なる生地の組み合わせではない、専門店ならではのプランニングをご提供します。ブログでは、そんな私とスタッフの日々の仕事ぶりを綴っています。
カテゴリー: ブラインド・ロールスクリーン, 施工例 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です