最新の実績紹介

▶▶▶ブログをみる

製作中の風景

▶▶▶ブログをみる

店舗情報

+PLAN

プラスプラン

OPEN10:00 - CLOSE 7:00 [木曜定休]

TEL:046-259-6569

FAX:046-259-6589

email:curtain@plusplan-mado.jp

GoogleMapへはこちらから!
駐車場は1,14,27をご利用ください!

ショップオーナより

当店はオーダーカーテンの専門店ですが、決して高額品に特化したお店ではありません。
それは『カーテンにこだわる=高いものを買う』ことではないと思っているからです。

オーダーカーテンの最大の特徴は、『寸法に合わせて作る』ことではなく、自由でオリジナリティが出せることにあります。
そして、そんな魅力を駆使して、素敵な部屋作りのお手伝いが出来ればと思っています。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

ショップオーナー 斉藤 靖

事例紹介

  • works01
  • works02
  • works03
  • works04

Scandinavian

Scandinavian_21

スパイスポッドを柄に合わせたサイズでバランスにし、ブルーのロールスクリーンを合わせました。

Scandinavian_19

グリーンの「ロック」と色を合わせたブラインドの組み合わせ。
北欧生地とブラインドって実は相性が良いのです。

Scandinavian_01

バードランドを使ってナチュラルポップなお部屋にしました。
無地のカーテンはブルーでは「冷たい」のでグリーン&イエローで。

Scandinavian_02

小窓には「キツネとブドウ」をシェードで。
掃出し窓はベージュとブラウンの切替カーテンに、オレンジのタッセルでアクセントと統一感を出しました。

Scandinavian_03

紺色のアクセントクロスに「マラガ」のシェードの組み合わせ。
北欧生地はシェードが良く似合います。

Scandinavian_04

女性に大人気の「サンデイ」は、人の気持ちを快晴の日曜日のような気分にさせてくれます。

Scandinavian_05

北欧生地でもちょっと大人っぽい「キツネとブドウ」は、ハトメカーテンも良く合います。

Scandinavian_06

鳥の描かれた「ピッピ」と、カーテン&シェードのマッチング。
異なる3つを組み合わせても違和感が無いのは色のトーンを合わせているからです。

Scandinavian_07

ブルーがポイントカラーの生地なら無地もブルー?いえいえ、大事なのは雰囲気です。
子供部屋らしくポップな雰囲気になることを重要視しました。

Scandinavian_08

北欧柄をシェードにすることは、窓辺に絵を飾る感覚です。
2台のシェードの柄位置も計算して作りました。

Scandinavian_09

春の訪れとともに動物たちが動き出す様を描いた「ユートラドゴッド」。
スモーキーピンクの木製ブラインドと合わせて大人カワイイ空間に。

Scandinavian_10

ブルー&ホワイトの「スパイスポッド」と色を合わせた切替カーテンの組み合わせ。
シェードはポッドが切れないように寸法を決めています。

Scandinavian_11

黒の「ロック」は、シルバーのアイアンレールと合わせてクールでモダンに。
丈の異なるカーテンは、上下のバランスを合わせて柄位置を決めています。

Scandinavian_12

パープルの「マラガ」と3色切替のカーテン。
こうすることで柄が引き立ちます。

Scandinavian_13

お客様がお持ちの北欧カーテンをリメイクしてシェードにしました。
寸法が足りない分、無地を足しています。

Scandinavian_14

北欧生地の代名詞ともなった「フォグリングストゥール」。
シェードを下げると外の景色は見えなくなりますが、きれいな田園風景が広がります。

Scandinavian_15

大柄のマリメッコはシェードにするときに柄位置に迷います。
こちらは2巾使いで左右の生地の天地を反対にしました。

Scandinavian_16

本来なら2巾使いとなるシェードを、1巾は「スパイスポッド」で、もう1巾は無地を両サイドに足して作りました。
この方がお値段もお安くなります。

Scandinavian_17

ライトグリーンの「マラガ」と3色切替のカーテンの組み合わせです。

Scandinavian_18

エスニックなタイルに合わせて、一部だけ「マラガ」を入れたシェードを隣に。
無地ではつまらないですし、全部「マラガ」ではお互いが引き立ちません。

他のカテゴリーを見る。
⇒ Casual&Modern
⇒ Classic&Country
⇒ Mechanics