寝室グレードアップ作戦

今日は素敵な寝室をご紹介。
Tさんのお宅は寝室に腰高窓が1窓、
セミダブルのベッドをご夫婦で2台お使いになっており、
今日カーテンとベッドカバーを納品しました。

FA6776

 

 

 

 

 

 

 

 

カーテンはフジエテキスタイルのFA6776(写真上)。
フジエの中でも私が最も好きな生地の1つです。
レースは柄パターンの似た草木柄のエンブロイダリーを合わせました。
窓が腰高窓1窓だけの場合、
ただ普通にカーテンを架けただけでは、どうしても違和感があります。
そのため私の場合は、カーテンと共布の何か(クッションなど)をお勧めしたり、
装飾の仕方をちょっと工夫したりと、何かしらの『ひねり』を加えるようにしています。
今回は既にベッドカバーがお客様のご要望にありましたので、
カーテンの迫力を出す為に丈を床までにすることで、
少しでも違和感がないようにしました。

T邸ベッドカバー

 

 

 

 

 

 

 

 

Tさんのご要望により寒さ対策の裏地を付け、
生地のボリュームで裾が広がらないように、形状記憶加工を施してあります。
ベッドカバーはドレープと共布のボックスタイプです。
セッティングが終わってTさんをお呼びすると、
『すごーい!!』と感動して頂き、しばしウットリされていました。
よかったー。

さて、ベッドカバーを作る場合、
1)キルトを付けるか
2)ピロー(まくら)くるみを付けるか
3)形状をどうするか(プレーン、ボックス、箱ヒダなど)
等を決めていきますが、 もう一つ重要なのが、『丈をどうするか』です。
ホテル等の空調が整っている場所と違い、
一般家庭の場合は夏と冬でふとんの『かさ高』が大きく違います。
その為、どちらに高さを合わせるかを確認します。
ちょっと面倒な作業ですが、共布ベッドカバーは感動アイテムの一つです。
オススメですよー。

窓際のサイトー について

厚木市のオーダーカーテン専門店+PLAN(プラスプラン)オーナーの斉藤です。単なる生地の組み合わせではない、専門店ならではのプランニングをご提供します。ブログでは、そんな私とスタッフの日々の仕事ぶりを綴っています。
カテゴリー: 施工例, 縫製 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です