お金じゃ買えない価値がある

『諸般の事情』により先日の夕食はお寿司でした。
と言っても『金銭的な事情』により、
閉店間際のスーパーで安売りされていたものですが…(笑)
こんな時、私はいつもトレーから和皿に移して食べます。
載っているものが違うだけで、とっても食事が楽しくなります。

寿司

 

 

 

 

 

 

さて、先日お届けした現場のご紹介です。
Kさんのお宅はリビングに掃き出し窓1窓と
廻り縁下に付けられた横滑りだし窓が2窓という構成でした。
奥様はカーテンが大好きな方で、
とっても楽しく打ち合わせをさせて頂きました。

選んだのは均一カーテンの花柄カーテンとボイルのレース。
問題はここからです。
限られた予算の中で最も満足のいく内容にしなければいけません。
ご自宅に伺うと、滑り出し窓がほとんど存在感のない位置にある為、
ご相談の結果この窓の予算を掃き出し窓にまわすことにしました。

K邸バランス付掃き出し窓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドレープは1.5倍・1ツ山・形状記憶付が標準ですが、これを3ツ山2倍にし、
カーテンボックスに共布バランスを付けました。
この内容に至るまで、色々な内容の価格を出しながら、
私と奥様で『こうしたらどうでしょう?』『あーしたらどうなる?』と、
どうしたら低価格で最も充実した内容になるかを徹底的に話しました。
最後はレースの裾処理をウエイト巻きロック加工にするかどうかでしたが、
優しいご主人の『後悔するから、やりたいようにやっていいよ』という言葉で決定!
奥様の嬉しそうな顔を見て、『本当にカーテンが好きなんだなあ』と、
何だか私まで嬉しくなってしまいました。

インターネットでカーテンのことを検索すると、
海外メーカーの話や国内の高級カーテンの話がたくさん出てきます。
でも、『カーテンにこだわる=高いものを買う』ことではないと思うのです。
高級なお寿司に舌鼓を打つ人もいるでしょうし、
スーパーのお寿司をお皿に移し変えて食事を楽しむ人もいます。
楽しみ方やこだわり方は人それぞれ。
大事なのは『いくらか』じゃなくて、 何かもっと違う事のような気がするのです。
納品時のKさんの本当に嬉しそうな顔…priceless!

窓際のサイトー について

厚木市のオーダーカーテン専門店+PLAN(プラスプラン)オーナーの斉藤です。単なる生地の組み合わせではない、専門店ならではのプランニングをご提供します。ブログでは、そんな私とスタッフの日々の仕事ぶりを綴っています。
カテゴリー: バランス・上飾り, 施工例, 雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です