自分へのご褒美は…

強化月間と言っておきながら、なかなか更新出来ずにいました。
スイマセン。
相変わらず忙しく、缶コーヒーとマックを昼食に頑張っていますが、
最近は『自分へのご褒美』として、
コンビニのスターバックスコーヒーとテリタマバーガーにしています(笑)

今日も現場紹介です。
Tさんのお宅は、今住んでいる家の敷地内に建てられた別邸です。
ハーブティーがお好きな奥様が教室を開いたり、
時には友人に振舞ったりする場所としてお使いになるそうです。
最近、(セミ)リタイヤされた方が、
第2の人生を楽しんでいる姿に良く出会います。
ついつい 『いいですねー。私もそんな生活したいなあ』と言うのですが、
『ダメダメ!サイトーさん。まだまだ働かないと!』とたしなめられます(笑)
何十年も頑張って働き続けて、子育てもして…
これが本当の『自分へのご褒美』なんでしょうね。

そんな一般住宅とは違う使われ方をする家ですので、
窓装飾も生活感が無く、人が集まる場所として温かみのある雰囲気にしました。
『木のぬくもりを感じるシンプルなイメージの喫茶店』という感じでしょうか?
 

T邸1F

 

T邸タッセル

掃き出し窓は、ベージュのストライプがポイントカラー
(写真では分かりにくいのですが)の川島セルコンのレース(SA8317)に、
色を合わせたフジエテキスタイルの無地(FA2016・63)をフラットバランスにした組み合わせ。
窓枠内側にはベージュのロールスクリーン(タチカワRS4303)を合わせています。
タッセルはレースのボリューム感に合わせてヨコタのレインドロップタッセルにしました。
レースをメインにしたのは、この空間が6帖しかない為です。
実は窓の奥行きが45mmしかない為、
ロールスクリーンが窓枠よりすこし出っ張ってしまうのですが、
バランスで隠れることを事前にご説明し、
レースのレールをエキストラシングルブラケット(通常より少し出幅が多い)にして、
干渉しないようにしています。

T邸1F?

上げ下げ窓は、同じレースをピッコロスタイルに。
中央の帯は、掃き出し窓のバランスに使った無地にして統一感を出しました。
このスタイルは窓の上げ下げには不便なので筒縫いのカフェカーテンもご提案し、
ご夫婦に判断をお任せしました。

数日後、Tさんのお宅に別件で訪問した別れ際、
『いいですねー。私もこんな生活したいなー』と思わずポロリ。
すると奥様からやっぱりあの一言が!
『なーに言ってるのサイトーさん、若いんだからまだまだ働かなきゃ!』
ですよねえ(笑)

窓際のサイトー について

厚木市のオーダーカーテン専門店+PLAN(プラスプラン)オーナーの斉藤です。単なる生地の組み合わせではない、専門店ならではのプランニングをご提供します。ブログでは、そんな私とスタッフの日々の仕事ぶりを綴っています。
カテゴリー: バランス・上飾り, ブラインド・ロールスクリーン, レースカーテン, 施工例 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です