麗しのウルビノ

今日は前回に引き続きA市のTさんの2階を紹介しようと思ったのですが、
S市のTさんと市内で偶然にもお会い出来たので、
S市のTさんのお宅をご紹介。
Tさんのお宅は前回のTさん同様、
現場を見て私から内容をご提案させて頂きました。

採寸に伺うとヨーロッパ調の外観・内装で、 窓
には角にロゼット模様が施された白のケーシングがついていました。
お使いになるダイニングセットがダーク色のアンティーク調と言うことで、
お勧めしたのは… 川島セルコンのフィーロに掲載されている『プルケル』です。
旧フィーロでは 『ウルビノ』 という名称で、私は今でもそう呼んでいます。
決して派手ではないのに何故か見とれてしまう美しい柄、
シルクのような光沢としっかりとした重さを感じる高級感、
そしてまさに 『ウルビノのヴィーナス』 さながらの上品さ…
この生地にはウルビノの名前こそが相応しいのです。

ウルピノ

 

 

 

 

 

 

 

掃き出し窓・腰窓はヨーロッパ調の家やアンティーク調の家具の雰囲気と、
ウルビノとの相性を考慮して、トーソーのクラスト19ブラス色を合わせました。
装飾キャップはイメージに合わせてBキャップにしています。
(Cキャップは軽すぎですし、Aキャップでは迫力不足に感じます)
上げ下げ窓はシェードという組み合わせで、
そこまでは一般的な窓装飾なのですが…
そこは、やっぱり一ひねり!

ウルピノシェードウルピノタッセル

 

 

 

 

 

 

カーテンにはサンゲツのタッセルFU553を使い、
シェードには同じシリーズのキータッセルFU568を下げて、
上品なウルビノのイメージを壊さないように仕上げました。
ただし、ただキータッセルをぶら下げたワケじゃありません。
実は商品到着時に確認したところ、まるで大泉洋の頭みたいになってたので、
スチームを軽く当てて形を整え、それでもボリューム感がありすぎるので、
房の中央側をハサミで切って少しホッソリとさせています。
何度もタッセルを見ながらハサミを入れる姿はかなり異様だったらしく、
スタッフから怪訝そうな目で見られてしまいました(笑)

その甲斐あってか?Tさんには非常に喜んでいただき、
工事日の夜にご主人からわざわざお礼のお電話を頂戴しました。
今日ご主人とお会いした際には、
『うちの奥さん、何かカーテンにはまっちゃったみたいですよ』
という言葉も頂きました。
カーテン屋冥利に尽きる言葉です。
Tさん、頼まれた夏用のカーテンも最高の物を選んでおきますね!

窓際のサイトー について

厚木市のオーダーカーテン専門店+PLAN(プラスプラン)オーナーの斉藤です。単なる生地の組み合わせではない、専門店ならではのプランニングをご提供します。ブログでは、そんな私とスタッフの日々の仕事ぶりを綴っています。
カテゴリー: Uncategorized, シェード, 施工例 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です