5㎜にこだわって

今日はラインドレープの取り付けです。
ご新築のお客様で、
当店でエスティックのソファに、
パモウナのTVボード、
毛足の長いシャギーのカーペットという
モダン系のインテリアをご購入頂いており、
それに合わせて窓周り商品も
決められました。

お勧めしたのはタチカワのラインドレープ。
カラーコーディネートタイプです。
ニュアンスというシリーズの
ベージュ系グラデーションです。
今までにも何度か取り付けていますが、
やっぱりこれはイイ!
何度見てもウットリします。

T邸ラインドレープ

でも、すんなり取付たワケじゃないんです。
実は採寸時に問題が発覚!!
本体を天井から取り付けて、
オプションのバランス(カーテンボックスのようなもの)を
付ける予定をでしたが、既に廻り縁がついており、
バランスを付けるとその廻り縁に当たってしまい、
壁面に10mmの隙間が出来てしまいます。
うーん、困った。
というワケで、その分だけバランスを『欠く』ことにしました。
事前に廻り縁に当たる部分をノコギリで直角に切り落として、
見事廻り縁にばっちりフィット!
(写真でわかります?)

ラインドレープバランス

しかも今回は、それに加えてもう一工夫。
タチカワのラインドレープ用バランスは、
メーカーの指示通り取付けると、
バランスの上端と天井の間に5mmの隙間が出来てしまうんです。
うーん。そりゃ嫌だな。
というワケで、バランス裏側についているステーを現場で加工し、
本体とは別途に天井に付けることにしました。
予定通り、バランスは天井に隙間無くぴったりフィット!
念のためタチカワの取付金具Aも用意してきましたが、
これは使わずに済みました。

グラデーションもきれいでしたが、
小さいところにこだわって、計算通りにバッチリ納まったこの瞬間は、
やっぱり最高です。

窓際のサイトー について

厚木市のオーダーカーテン専門店+PLAN(プラスプラン)オーナーの斉藤です。単なる生地の組み合わせではない、専門店ならではのプランニングをご提供します。ブログでは、そんな私とスタッフの日々の仕事ぶりを綴っています。
カテゴリー: ブラインド・ロールスクリーン, 取付工事 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です