素晴らしいチームに拍手を

ウインターカップ

 

 

 

 

 

やっぱり今年も行ってしまいました!
高校バスケの3大大会の一つ、ウインターカップ。
10年近く見ていなかったのに、
去年の今頃、強風で釣りができなかったので、
東伊豆から急きょ東京へ車を走らせ、大会を見てしまったのがきっかけで、
今や甲子園にいる『高校野球大好きオヤジ』みたいになってます。
今年見たのは準々決勝の計4試合。
そしてやはり、今年も明成高校のバスケットは素晴らしかった!
相手は昨年の準決勝で敗れた福岡第一という好カード。
去年のようにハーフコートオフェンスから
一人で状況を打破できるエースはいないものの、
3ポイントを主体としたチームとして昨年以上の完成度でした。

このチームの素晴らしさは、試合を見て普段の練習風景が想像できるところです。
どんなチームを目指し何に取組んできたか、
いかに目的意識を持って練習に取り組んできたかが分かるのです。
練習目的をちゃんと意識して取り組んでいるチームは少ないですし、
ゲーム形式の練習を実践編として理解し、
それまで取り組んできたことのトライ&エラーを繰り返す作業をしていないチームも多い
(ただ単に5対5をやっているだけになってしまう)と思います。
でも、おそらく彼らはそれらをしっかりとこなし、
相当な努力とハードな練習を繰り返してきたに違いありません。
そうでなければ、あんなに素晴らしいチームにはならないでしょう。
ディフェンスも素晴らしかった!
1-2-2のゾーンとマン・ツー・マンを試合中に何度か変えていましたが、
本当はマン・ツー・マンよりゾーンの方がハードなのだ、
ということを証明するお手本のようでした。

そして何より、ベスト8のチームの中で最もボールに執着心がありました。
決して諦めないルーズボール、我慢して最後までコースを止めに入るディフェンス、
数的優位を作る為に誰一人として一瞬も気を緩めないゾーン、
きっちりとスクリーンアウトをしても外から大きな選手に弾かれてしまうリバウンドを
最後まで追う姿は本当に素晴らしかった。
今年もまた同じ相手に惜敗してしまいましたが、
会場からは自然と拍手が沸き起こりました。
多くの観客がこのチームから感動をもらったのだと思います。
私なんかあと少しで泣きそうでした(笑)。
早く来年の年末にならないかな~。

窓際のサイトー について

厚木市のオーダーカーテン専門店+PLAN(プラスプラン)オーナーの斉藤です。単なる生地の組み合わせではない、専門店ならではのプランニングをご提供します。ブログでは、そんな私とスタッフの日々の仕事ぶりを綴っています。
カテゴリー: 雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です