悩めるカメラマン

私が社外で所属する水産事業部
(単なる釣りバカの集まり。釣りは遊びではなく仕事という考えの下、
一事業部という扱いになっている。)
は報・連・相が徹底されており、
釣りに行った翌日は現場の状況や
獲得までのプロセスを報告しなければいけません。
そんな時に釣果写真は必須資料で、写真撮影のウデも上がってきたのですが、
ちっともキレイに撮れないのがカーテンです(笑)
広角レンズの1眼レフでもあれば良いのですが、予算の関係上難しく困ります。
今回ご紹介する現場もちょっと暗いのですが、ご勘弁ください。

先日伺ったF様の現場です。レースの掛け替えで伺いました。
今付いているレース(10年以上前に当店で納品)が、
旧セルコンのボイルにトリムをつけたカーテンでした。
ボイルは直射日光が原因の生地の疲れで裂けてしまっていますが、
トリムはまだまだ元気そう。
もったいないのでトリムを外してボイルのみ新調という案もご提案しましたが、
F様の『部屋の雰囲気も変えたい』というご要望もあり、
トルコ製の刺繍レースになりました。
でも、やっぱりトリムがもったいない…
という事でF様とご相談の上、こんな感じにリフォームしました。

IMG_0857_edited

ボイル部分は全然使えませんでしたので当店の均一カーテンのボイルを使って、
筒縫いのカフェカーテンを作りました。
小さいカフェカーテンは元々Fさまがこの窓でお使いになっていたもので、
これがあることを前提にスタイルを決めました。
タッセルは別の窓で使われていなかったフリルタッセルを使っています。
少し暗いかな。キレイに撮れずに残念です。

もう一つが下の写真です。

IMG_0860_edited

部屋の入口に付けました。もちろんドアの開閉は可能です。
元々裾に付いていたトリムを筒縫いのバランスにして、
下はノレンのようにサッと通れるようにしてあります。
これも少し暗くなってしまいました。F様本当にごめんなさい!

さて、以前水産事業部長のKさんに提出した写真を紹介しましょう。
『ねえねえKさん!。昨日行ったらさあ、すっごいデカイの上がったよ。
やりとりが大変!めちゃくちゃ引くし。最後は海面割ってジャンプだもん。見て見てその写真!』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1141

Kさん。マジで怒んなくてもいいじゃん(泣)。

窓際のサイトー について

厚木市のオーダーカーテン専門店+PLAN(プラスプラン)オーナーの斉藤です。単なる生地の組み合わせではない、専門店ならではのプランニングをご提供します。ブログでは、そんな私とスタッフの日々の仕事ぶりを綴っています。
カテゴリー: アフターサービス, レースカーテン, 施工例, 縫製 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です