事前にしっかり計画しましょう

久しぶりの更新です。
実は…インターネット回線止められてました!(爆)
ただでさへ子どもが夏休みで出費の多いこの季節。
エアコン買って、タイヤ交換して、家族で旅行して…
それでも無事に夏が終わる計画だったのですが、
その全てを崩壊させたのが、私の車の前に突如現れた警察官。
スピードオーバーで罰金15,000円!
その瞬間、私の周りに10人位の野球の審判が出現し、
『アウト~!!!』と叫んでいる幻が見えました(笑)
何事も計画通りにはいかないものです。

さて、こんな人にカーテン頼んで大丈夫だろうか?と
思われることなど気にもせず、たまった現場を順次ご紹介しましょう。
今日は、吹き抜けの変形窓に電動ブラインドを取り付けた現場です。

IMG_1919

図面が出来上がった時点でご相談を受けており、
建設会社様と事前にやりとりをさせて頂く事ができました。
取り付けたのはタチカワブラインドのウインクタイプ。
カタログ上は変形窓には対応していませんが、
角度上ギリギリ製作可能とのことで、
ノンクレームにて製作してくれました。
窓下には掃出し窓がきており、天窓もFIXの為、
お客様とも相談の上、昇降はしないようにしています。
配線とブラケットの取り付けは、
石膏ボードを張る前で足場のあるタイミングで行いました。
ブラインド本体のみ、お引渡し後の取り付けです。

IMG_1932

 

操作はこの埋め込みスイッチで行います。
2台分のコードを壁内部でジョイントし、
1つのスイッチで2台同時に操作します。
お客様と相談の上、
窓のある壁面から3m程離れた
キッチン横に取り付けました。
全て計画通りに終了し、
私もお客様も納得の工事となりました。

 

 

と、ここで終わりではありません。
実は、この現場のポイントは外側にあります。

IMG_1924_edited

変形窓の一番上、三角形になっている部分はスラットが入らないため、
そこだけが目立ってしまいます。
そこで、木製ブラインドのバランスを変形窓に合わせてカットし、
ブラインドのブラケットの正面付け用の穴を使って、
バランスの裏側に直付けしました。
(ブラインドの上部に見えるものがそうです)
お客様のご希望により部屋外側に取り付けましたが、
外観とのマッチングも良く、非常に喜んで頂きました。
こうして完璧に納まったのも、
計画的に物事を進める私の性格のなせる技、でしょうか?(笑)

窓際のサイトー について

厚木市のオーダーカーテン専門店+PLAN(プラスプラン)オーナーの斉藤です。単なる生地の組み合わせではない、専門店ならではのプランニングをご提供します。ブログでは、そんな私とスタッフの日々の仕事ぶりを綴っています。
カテゴリー: ブラインド・ロールスクリーン, 取付工事 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です