fit the family

昨日に続き厚木市のK様の現場のご紹介です。
まず最初は主寝室。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パープルの無地に、ボーダーの生地を裾に合わせた切替カーテンです。
そして小窓はシェードに。

 

 

 

 

 

 

 

一見同じ組み合わせに見えますが、
カーテンは横ボーダー、シェードは縦ストライプと方向を変えています。
これが逆の組み合わせになると違和感がありますし、
この組み合わせだからこそリズム感が出ます。

お次は子供部屋。
人気の縦ストライプ生地はタッセルだけをブルーの無地にしてアクセントに。
これだけで、かわいさが全然違います。

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてお姉ちゃんのお部屋。
切り替えた部分にはガラス風のトリムを付けて、
ガーリーでありながらちょっと大人っぽく仕上げました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして最後は洗面所。
こちらはブルートパープルを組み合わせたカラーコディネートブラインドです。

 

 

 

 

 

 

 

 

各お部屋をポップ&カジュアルにまとめたK様ですが、
お2階はブルーとパープルでまとめることで、
カラフルでありながら違和感のない仕上がりにしました。
インテリアのプランを作る方法の一つに
プレゼンテーションボードというものがあります。
これは専門店のように生地サンプルを置いていない場所で、
お客様にプランの概要をお伝えするものですが、
私たちがプランを作る際には、
頭の中でこのプレゼンテーションボードをイメージします。
玄関からの色の流れ、お部屋からお部屋への色の流れ、テイストの流れ、
そうしたものをまとめることで、
オーダーカーテンのプランに住む人の「色」が加わっていきます。
それはお客様が「家を建てる」と決めた時の気持ちや、
その時に浮かんだ光景をなぞる作業なのです。
だから仮に同じ家があったとしても、プランは同じにはなりませんし、
お客様とお話をすることがとても重要になります。
そしてそれは、パソコンの画面をクリックして買えるものではないと信じています。
K様、当店をご信頼頂き、誠にありがとうございました。
海外でのご活躍を心よりお祈り申し上げます。

窓際のサイトー について

厚木市のオーダーカーテン専門店+PLAN(プラスプラン)オーナーの斉藤です。単なる生地の組み合わせではない、専門店ならではのプランニングをご提供します。ブログでは、そんな私とスタッフの日々の仕事ぶりを綴っています。
カテゴリー: ブラインド・ロールスクリーン, 施工例 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です