Like a BEAMS

私がまだ高校生の頃、
無いお金を絞ってよく原宿に言っていました。
当時はデザイナーズブランド花盛りの時代。
丸井にはメンズ館なんてのもあって、
全ての階がデザイナーズブランドで埋まっていました。
でも、当時の私には何故かそれは軽薄な印象に映りました。
単なる服に過ぎないような妙な感じ。
その違和感の正体が分かったのはBEAMSを訪れた時です。
服の向こうに生活シーンが浮かぶような感じがしたのです。
悲しいかな、棚に置かれた素敵な服は高校生には買えなかったので、
ヘインズのTシャツを買ってあのオレンジのバッグをもらって
満足していましたが(笑)。

私たちが扱うカーテンもとても似たことが言えます。
「高い」ことがこだわることではなく、
自分たちの生活にフィットすること、そのために大事にしたいことや不要なこと、
そんなことをカーテンで表現できると、とてもくつろげる空間になります。

M様は「自然の光で起きたい」というご希望でした。
既にご入居済みで、仮に掛けられていたカーテンも遮光ではなく、
並んだ小窓には何もつけていませんでしたが、それでもご不便はなかったそうです。
ネイビーのアクセントクロスにはフレッドペリーのロゴのような模様があり、
まさにBEAMSのような、大人のアメリカンカジュアルな印象です。
そこで、ご予算を抑えたいというご要望を叶えつつ、こんな風に仕上げました。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目指したのはホッとドックプレスやPOPEYEに乗っていそうな寝室。
アメリカンではあるけどビンテージのようにハードではなく、
西海岸風ではあるけどカリフォルニアスタイルではない、
そんなちょっと懐かしい感じのする大人のカジュアルです。
カーテンはポロシャツのような素材の無地に、
少し古着っぽいカジュアル感のあるテープを縫い付け。
小窓は「風は入れたい」というご要望も踏まえ、
シェードにはせずカフェカーテンにしました。

カーテンが単なる「素敵なお部屋」ではなく、
住む方のライフスタイルと密着していること。
それはきっと、価格の高い物やブランド品を買うことよりも、
もっと大切なこだわりだと思います。
そして、そんなお手伝いを出来たらと私たちも願っています。

窓際のサイトー について

厚木市のオーダーカーテン専門店+PLAN(プラスプラン)オーナーの斉藤です。単なる生地の組み合わせではない、専門店ならではのプランニングをご提供します。ブログでは、そんな私とスタッフの日々の仕事ぶりを綴っています。
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です