”ぼんやり”の向こう側

N様が最初にご来店されたとき、カーテンの明確なイメージはお持ちではありませんでした。
ヨーロピアン調の家具で揃えられていること、ブルーの生地を使いたいこと、
大きな吹き抜けの窓があり、悩んでいること。
お聞きしたのはこの3点です。
一般的にはその3つを頼りにお店のサンプルから選ぶことになります。
でも、それでは良いプランは出来ません。
私たち販売側が現場を見て、お店では伝えられない何かを感じ取って初めて、
N様の家にあったプランを提供することが出来るのです。
早速、完成形を見て頂きましょう。

まずは吹き抜け。

 

 

 

 

 

 

 

上部には3つのパーツから成るフラットバランス。
エレガントなブルーのダマスク柄と無地を組み合わせ、
カーテンの内側にもブルーを入れました。
全てブルーではくどくなりますし、無地ではあっさりとし過ぎてしまいます。
そのバランスを取りながら、N様のお宅を象徴するようなデザインを考えてみました。

ダイニングもこのデザインで続きます。

 

 

 

 

 

 

 

そして階段。
リビングダイニングからの流れを感じつつ、
違いを出したい場所でもあります。


 

 

 

 

 

 

 

上部のフラットバランスのデザインは揃えつつ、
中央にブルーを入れた切替のシェードにしました。
シェードの裾はバランスの曲線と合うようにデザインカットしています。

もし仮に、N様の3つのヒントを頼りに、あのまま生地を選んでいたら、
こうしたご提案は出来ません。
カーテンは購入機会が少ない商品ですので、
お客様が理想のイメージを持つのは難しいことです。
でもそれは、理想のイメージが無いという意味ではありません。
うっすらと、ぼんやり見えているその光景は、
私たちが現場を見て、お客様と話していくことで初めて、
明確に見えてくるものだと思います。
そしてそこにこそ、私たちの存在価値もあるのだと思っています。

窓際のサイトー について

厚木市のオーダーカーテン専門店+PLAN(プラスプラン)オーナーの斉藤です。単なる生地の組み合わせではない、専門店ならではのプランニングをご提供します。ブログでは、そんな私とスタッフの日々の仕事ぶりを綴っています。
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です