部屋をつなぐコンセプト

カーテンと言うとヨーロピアン調のクラシカルなイメージを
お持ちの方もいらっしゃると思いますが、
私たちカーテン屋にとっても、そのスタイルは特別なものです。
個人的な好き嫌いを超越して、
この仕事をしている者にとって揺るがない特別な感情があります。
N様の現場ではそんなクラシカルスタイルで各室をお作りしました。

まずはリビング。

%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%93

 

 

 

 

 

 

 

カーテンの王様とも言うべきスワッグバランス。
男性的でシックなイメージのお部屋に合わせ、
グレーベージュのダマスク柄のドレープにダーク系のフリンジを付けました。
中央に挟まれた小窓はアクセントを付ける意味で、あえてフラットバランスに。
写真には写っていませんが、同じ窓が他に2か所あり、
部屋全体でのバランスを考えながらプランニングしています。
製作はもちろん、当店の提携加工所であるアートケイさん。
全国トップクラスの専門店の仕事を数多く手がけていますので、サスガの出来栄えです。

次は寝室です。

024

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは裾をデザインカットしたフラットバランスにしました。
エレガントな雰囲気を持つデザインですので、
柄はあえてクラシカルな縦ストライプで。

018

 

 

 

 

 

 

 

ベッドの両端の小窓は、あえて床までの寸法でお作りし、
バランスの裾の曲線もシンメトリーにしています。

最後は1Fと2Fのトイレ。
別宅という場所なので、生活感の無いプランにしたいと考えました。
でも、あまりお金を掛けたくない場所でもあります。
そこでお手頃価格の無地を1.5倍ヒダにしてコストを下げ、
フラットバランスと合わせました。

015020

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リビングと寝室のデザインを考慮して、
家全体として統一感が出るデザインを念頭に置きました。
どのお部屋をどの順番で周っても、急激過ぎる変化が無いこと。
でも、各部屋ごとに特徴を持たせること。
そうしたコンセプトでプランニングをしましたので、
トイレは各部屋を繋ぐ非常に重要な場所だったのです。

N様にはプランニングから工事まで、
とても楽しくお付き合いを頂きました。
木工が趣味でプロ顔負けの技術と道具をお持ちの方で、
その後自作のトイレットペーパー置きをプレゼントしてくださいました。
今でも大切に使わせて頂いています。
N様、誠にありがとうございました。

窓際のサイトー について

厚木市のオーダーカーテン専門店+PLAN(プラスプラン)オーナーの斉藤です。単なる生地の組み合わせではない、専門店ならではのプランニングをご提供します。ブログでは、そんな私とスタッフの日々の仕事ぶりを綴っています。
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です