仕上がりと同じくらい大切なこと

今日はこちらの写真から。
001

 

 

 

 

 

 

 

イギリスの100%リネンの刺しゅう生地です。
リネンというと無地のナチュラル系や花柄のエレガント系が多いのですが、
こちらは珍しいビンテージテイストの生地。
珍しいと言ってもそれは日本だからで、
天然素材が主流の海外では本当に色々な種類のリネン生地があります。
共通の問題は、お値段がチョット高いところ(苦笑)

M様もこの生地をとても気に入って下さったのですが、
やはり価格が問題となりました。
そこで、この生地を部分的に使うことで価格を下げ、
その分、演出方法にこだわりました。
出来上がったのがコチラです。

2015-03-04-16-19-05

 

 

 

 

 

 

 

 

写真が暗くて分かりにくいのですが…
向かって右のバルコニー窓は、フラットバランス付のカーテンです。
014

 

 

 

 

 

 

 

国産のお手頃価格の生地をベースに、
先ほどの生地の柄部分を横方向にしてポイント使いにしました。

015

 

 

 

 

 

 

 

 

カーテンはグレーベージュとブラウンの無地を切替し、
その部分に同じように先ほどの生地をトリムとして仕様。

013

 

 

 

 

 

 

 

 

シェードの裾もカーテンと同じ組み合わせにして統一感を出しました。

当店では生地を選んで頂く時に、
お客様にあまり細かな条件をご提示はしません。
それは、好きな生地がかかっているということの大切さを大事にしたいこと、
そしてもしその生地がお部屋に合わないのなら、
それを合うようにプランニングするのが私たちの仕事だと思っているからです。
デザイン面、価格面、お客様が考える事はたくさんあると思いますが、
そうした制限を極力無くして楽しく生地を選んで頂きたいと思っています。
インテリアはもちろん仕上がりが重要ですが、
それを選ぶ過程が楽しい事であることも、同じくらい大事だと思っています。

窓際のサイトー について

厚木市のオーダーカーテン専門店+PLAN(プラスプラン)オーナーの斉藤です。単なる生地の組み合わせではない、専門店ならではのプランニングをご提供します。ブログでは、そんな私とスタッフの日々の仕事ぶりを綴っています。
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です