RE・OPEN その3

今回の改装にはいくつかテーマがあるのですが、
その一つが『男性ももっとカーテンを楽しもう!』でした。
と言っても、当店のお客様にそうした方が少ないのではなく、むしろ逆です。
男性がとってもインテリアに興味を持ってくださっているのは、
当店の特徴と言えるかもしれません。
そんな男性陣の方々をもっと楽しめる店にしようと思ったのです。

004

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1つはビンテージコーナー。
最近人気のテイストですが、雑誌を見てもカーテンがイマイチなんです。
と言うか、ほぼ載ってない(笑)。
これはカーテン屋としてはちょっと許せないことでして、
ファブリックの魅力をもっと知ってもらえるように、
ビンテージという幅広いテイストのどれにでも対応できるように生地を揃えました。

005

最後はモダンのコーナー。
これは先ほどのビンテージでの説明とは相反することに聞こえるかもしれませんが、
私たちがプランを考える時、生地とメカ物(ブラインド等)を分けて考えることはありません。
それはお客様のイメージや暮らし方、そして他の部屋やご予算との兼ね合いなど、
色々なことを考えてご提案するからです。
でも、お客様の多くはこの2つを分けて考える方が多いですし、
どのお店も展示は分けているのが普通です。
ビンテージとモダンのコーナーを考えた時、
生地とメカ物というこの2つをお客様にフラットに見て頂けることを考えました。
なので、今の当店にはメカ物コーナーはありません。
他のメカ物も、生地(カーテン)と時には比較して、時には併用して考えた時の
イメージがしやすいようにレイアウトしました。

さて、これで売り場のご紹介は終わりです。
次回は今回の改装の裏テーマ(本当は表かもしれません)について書きたいと思います。
あと少しお付き合いください。

窓際のサイトー について

厚木市のオーダーカーテン専門店+PLAN(プラスプラン)オーナーの斉藤です。単なる生地の組み合わせではない、専門店ならではのプランニングをご提供します。ブログでは、そんな私とスタッフの日々の仕事ぶりを綴っています。
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です