こだわりの意味

当店の取り扱いアイテムの一つに『均一カーテン』というシリーズがあります。
ドレープが200柄位あり、W200㎝×H200㎝で税別10,000円というお手頃価格です。
カーテン業界ではこうしたカーテンを『マンキン(一万円均一の略)と呼んでいます。
初めてこのシリーズを知った時はその安さに販売員の私が驚いたほどでしたが、
今でも販売時に気を付けていることが一つだけあります。
それは、ただ『安い』ということだけで売らない事です。
一生懸命働いてきて一生の財産である家を建て、そこにカーテンを掛けようと思った時、
ただひたすらに『安いです』と言われて買うのは寂しいことです。
お手頃な価格であることで、広くお客様にオーダーの魅力を伝えられること。
それがマンキンの魅力だと思っています。

小田原市のM様が選ばれたのはそんな均一カーテンのシリーズ。
でもそこは当店ならではのアイデアでちょっと一ひねりしています。
まずはリビング。

003

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一間半の掃き出し窓は均一カーテンの中から北欧調のプリント生地を。
2つの滑り出し窓は同じ生地でシェードにしました。
シェード裾にはカーテンのアクセントカラーである濃いグリーンと合わせた無地をプラスしています。

006 C8

 

 

 

 

 

 

 

無地の部分はシェードをどの位置に止めても見えるように縫製しています。
このグリーンはカーテンのタッセルに使い、統一感を出しました。
最も大きい窓を均一カーテンをそのまま使うことで、コストがあまり上がらないように工夫したプランです。

お次は畳の敷かれた寝室。
こちらもバルコニー窓は均一カーテンをそのまま使い、シェードを工夫しました。

011

 

 

 

 

 

 

 

 

 

横長の窓は、生地を90度変えて横方向に使っています。
そのまま使うと縦が協調されてるラインが『ぶつ切り』な印象になりますし、
ちょっとした変化を加えることで仕上がりがグ~ンと良くなる為です。

カーテンにこだわるというのは決して高い物を買うことではありません。
そこがカーテンの魅力でもあり、難しさでもあるような気がします。
例えば車をお好きな方がちょっと古い車を大切に乗っていたり、
知名度の低いメーカーや人気の無かった車が好きだったり、
そんな、価格ではなくその人らしさが出るようなプランが作れたら、
それはとても素敵な事だなと思うのです。

窓際のサイトー について

厚木市のオーダーカーテン専門店+PLAN(プラスプラン)オーナーの斉藤です。単なる生地の組み合わせではない、専門店ならではのプランニングをご提供します。ブログでは、そんな私とスタッフの日々の仕事ぶりを綴っています。
カテゴリー: 施工例 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です