最先端の選び方

今日ご紹介するのはと~っても珍しいお客様。
何と…ブログをご覧頂いてのご来店でした。
私がブログを始めたときから、
ネットで検索してお店を探している人がいる、という噂は耳にしていたのですが、
こうして実際にそのようなお客様とお会いすると本当にビックリです(笑)。
私のブログは当店の販促物でもご紹介していませんし、
メーカーの営業さんや家族にも言っていません。
特に理由があるわけではなく、
言いそびれてそのままにしているだけなのですが。
でも、こうして自分の仕事を見て頂いた上で
カーテンのご注文を下さるというのは励みになります。

さて、そんな鉄のカーテンを潜り抜けて(笑)当店に行き着いたM様が
選ばれたのはボラスのフォグリングストゥール。
このスウェーデン製の綿生地をセパレートのシェードに仕立てました。
柄の位置はM様と相談しながら決めています。

IMG_3019_edited

窓の向こうは雑木林になっていて、
日中でも外から見られる環境でない為、ダブルタイプにはしていません。
ちなみにシェードを開けた景色も、まるで生地の続きのようです。

IMG_3022

このダイニングと続き間になっている畳み敷きのリビングには、
ニチベイさんのバンブーブラインドをセレクト。

IMG_3026

ナチュラル感たっぷりの空間にぴったりで、
出来上がってみれば『これしかない!』と言える程の仕上がりなのですが、
実は5つのプランから悩みに悩んでの決定でした。
最終的にこの組合せとなった要素は、
『どの生地がかかっているお部屋が最も心地良いか』でした。
帰り際に頂いた焼き菓子のように自然で素朴な味わいのお部屋。
M様ご夫婦が暮らしている様が浮かぶような空間になりました。
ちなみに東林間にあるその焼き菓子店、かなりの有名店でした。
夕方には売り切れが続出するというのも頷ける美味しさです。
お知りになりたい方は是非、ネットで検索してみて下さい。
あまり人には教えたくないのですが、
ネットで検索すると良い店の情報が入手できるんですよ(笑)

 

人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると嬉しいです。

窓際のサイトー について

厚木市のオーダーカーテン専門店+PLAN(プラスプラン)オーナーの斉藤です。単なる生地の組み合わせではない、専門店ならではのプランニングをご提供します。ブログでは、そんな私とスタッフの日々の仕事ぶりを綴っています。
カテゴリー: ブラインド・ロールスクリーン, 北欧 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です