間仕切り百景

気付けば2月も半分を過ぎ、
このままでは冬も終わってしまうので、
今日は寒さ対策の間仕切りの現場をご紹介。
まずはアコーディオンカーテンを取り付けたM様の現場です。
採寸に伺った際に頭を抱えたのがコチラ。

 

 

 

 

 

 

 

 

中央に柱のある2つの開口部に取り付けるのですが、
左の開口部の天井の一部に桟(さん)があり、
そこに取り付けるとアコーディオンがはみだしてしまうのです。
そこでちょっと一手間。

 

 

 

 

 

 

 

 

 木部のない部分にクロスを貼った木材を取り付け、
そこにアコーディオンを取り付けました。
これによって柱の中央に取り付けが出来、
本体が柱の奥行きの中で納まります。

お次はリビング階段の開口部の間仕切りです。
暖房効果を高めるためにロールスクリーンを付けたのですが、
こちらは見た目を一工夫。
リビングに取り付けたバーチカルブラインドの関係で、
イエローのロールスクリーンを付けたのですが、
そのままでは巻き上がっている時に目立ってしまいます。
そこで、木製ブラインドのバランスを付けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

と、そこまでは珍しくない施工例なのですが、
一手間かけたのが廻り縁(天井と壁の見切り材)との納まり。
そのまま付けると、壁より先に廻り縁に当たり隙間が出来てしまうので、
事前にその分を『欠いて』壁にぴったり納まるようにしました。
ちなみに右の写真は、同じような開口部にカーテンを納めた現場。
向かって右がリビング、左がキッチンになっているため、
どちらからも出入りしやすいよう、マグネットランナーを両端に入れています。
ちょっとしたことですが、これだけで利便性は大きく変わってきます。

お次も同じリビング階段の開口部なのですが、
こちらは開口部が平面(1面)でないケースです。
ロールスクリーンではきれいに塞げないので、カーテンにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

出窓用のカーブレールを取り付けて、
開けているときは階段部分にかぶらないように納まります。
そして、こちらで一工夫したのはブラケット。
このレールには『ワンタッチ天井付』と『天井付』の2タイプのブラケットがあり、
通常私たちが使うのは前者です。
でも、裏側が見えるこの場所ではなるべく目立たせたくない…。
そこで、サイズの小さい『天井付』を使いました。
些細なことですが、これも見た目に大きく影響します。

最後は収納棚下の開口部の間仕切りです。
取付け可能な奥行きはたったの2㎝。
色々な商品を考えた挙句、カーテンでの納品となりました。
カーテンレールはトーソーのネクスティ。
レール幅は同社のウインピアの方が小さいのですが、
エステルームという場所を考え、ランナーの音が静かなネクスティにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

カーテンは寄せた時のボリュームを無くすためと、
中の雑然とした感じが見えず、でも物の配置場所は何となく分かる、
という透け感の生地にしています。
これを探すだけでも大変だったのですが、縫製にも一工夫しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

上部は畳んだ時の奥行きを無くすため1ツ山にし、
50㎜のアジャスターフックにして丈に対してバランスを取りました。
裾も同じ理由でウエイト巻きロック加工にしています。

どの現場もそうですが、
お客様が必要としていたのは、カーテンやロールスクリーンと言った『商品』です。
でも、私自身は『〇〇という商品を付けて良かった』という言葉ではなく、
『当店に頼んで良かった』という言葉を頂ける仕事をしたいと思っています。
シンプルな仕事にどれだけ自分のエッセンスを残せるかは、
私が最も大事にしている事の一つなのです。

 

人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると嬉しいです。

窓際のサイトー について

厚木市のオーダーカーテン専門店+PLAN(プラスプラン)オーナーの斉藤です。単なる生地の組み合わせではない、専門店ならではのプランニングをご提供します。ブログでは、そんな私とスタッフの日々の仕事ぶりを綴っています。
カテゴリー: ブラインド・ロールスクリーン, 間仕切り パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です