1年ぶりのご対面

昨日、Aさんのお宅へ架け替えの採寸に行って来ました。
新築の際に付けたレースが劣化で切れてしまったとの事でした。
Aさんには1年ほど前に階段踊り場のカーテンもご注文頂いており、
今回久しぶりに『自分の仕事』と対面しました。
Aさん宅の踊り場はそれまでバルーンシェードにしていましたが、
『どのご家庭でもやっていないような目を引く窓装飾』というのがご希望。
そのため事前に現場を拝見し、
いろいろなラフスケッチを描きながらイメージを固め、
長い時間をかけて内容を決めました。

A邸踊り場

 

  メインはトルコ製のエンブロイダリー(刺繍レース)。
  上部にサンゲツのシーアカーテンをスカーフリングにし、
  その上にポイントカラーのワインレッドをさらに載せて、
  タッセルは同じくワインレッドがポイントカラーの
  ワイヤータイプにしました。

  スカーフリングはウエーブ数が少ないと見栄えがしませんが、
  増やしすぎるとが重いイメージになってしまいます。
  今回はレースの上に2重のスカーフリングでしたので、
  ウエーブの数はサンプルで何度も組み合わせて
  慎重に決定しました。
  耳の縫製は折り返しではなく
  メローロックという処理にしています。

 

 

タッセルもワイヤータイプでは線が細すぎるのではと思い、
一般的な装飾タッセルにしようかと悩みましたが、
最終的にはレースとのバランスを重視して決定。
メインのレースはスカーフリングのボリュームに負けないよう3倍ヒダにしています。
(このレースは裾に8センチほどのトリムが付いています)
Aさんは今でのこのカーテンが気に入って下さっており、
カーテン屋としては嬉しい限りです。
『きれいよねえ』というAさんの言葉に、おもわずジーンときてしまいました。

窓際のサイトー について

厚木市のオーダーカーテン専門店+PLAN(プラスプラン)オーナーの斉藤です。単なる生地の組み合わせではない、専門店ならではのプランニングをご提供します。ブログでは、そんな私とスタッフの日々の仕事ぶりを綴っています。
カテゴリー: バランス・上飾り, レースカーテン, 施工例 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です